Web予約

美容師になりたい、あるいは興味のある方へ。美容師ってどんな仕事?

美容師の仕事の楽しさ、面白さは語りつくせないです。ちょっと長い話になりますので、美容師に興味のある方のみ読み進めてください。ぼくが思う、美容師ってこんな仕事、を語っています。

 

愛知県豊橋市・豊川市・新城市の美容室【LE-PLA BEAU(ルプラ・ボウ)】の新城店“Beret(ベレ)”で店長兼トップスタイリストの堀毛です。

ホームページのプロフィールです。ヘアカタログもあります。こちらもぜひご覧ください。

インスタグラムもやってます。フォロワー4000人超えました(^o^)/

《美容師、面白いですよ》

美容師になって、もうすぐ10年が経とうとしています。山あり谷ありの美容師人生・・・なんてことは無くて、ぼくにとっては非常に楽しい10年でした。もちろん大変なこともありましたけど、大変なことを楽しめるタイプなので、まあ総合的にみると今のところ「楽しい美容師人生」を送っています。

どこが楽しいのか?

今回はそれをしつこく、これ以上無くしつこく語っていこうと思います。興味の無い方は、そっとホームボタンを押してくださって結構です。美容師になってみようかな、とか、美容師楽しそうかな、なんて思っている学生の方にはぜひ読んでいただいて、美容師の一つの事例として参考にしていただけると良いかなと思っています。誰か読んでくれなきゃ、インターネットの海に小石を放り込んでいるみたいで虚しいです。

さあ、大きく振りかぶって、小石を投げますよ。

《お客様と対面で仕事できるのが楽しい》

なんと言ってもコレが結構大きいです。

世の中にはたくさんの仕事があるわけですが、どの仕事も誰かの役に立つことをやっているわけですよね(それで対価をいただくと)。しかし、誰かの役に立つことの「誰か」が見えない仕事が結構多いと思うんです。目で見えなくてもイメージできている人は良いかもしれないですが、やっぱりお客様が見えるのはやり甲斐があります。

まあ、それが難しい部分でもあるんですけど。

自分のやった仕事が、まあ美容師で言うと自分が作ったヘアスタイルがお客様を満足させることができれば、目の前のお客様は喜んでいただけます。それが見えるのが、一番やり甲斐を感じる部分です。お客様から「ありがとう」と言ってもらえるんです。

仕事に対して「ありがとう」と感謝される、これがあるだけでちょっとぐらい大変なことも乗り越えられます。

また美容師は技術だけでなく、お客様とのコミュニケーションも楽しい要素です。お客様との会話で、髪の毛に対する悩みや不安を解消してあげることができれば、また「ありがとう」と言っていただけます。美容に関する知識を学び、お客様に伝えていくことも美容師の仕事です。

そして、自分が一人のお客様を担当していく中で、回数を重ねる毎に綺麗になっていくのを見ることができます。ヘアスタイルを作る技術で綺麗していき、美容に関する知識でお客様自身でも綺麗になっていただく。だんだん綺麗に、おしゃれになっていくお客様を見ながら、さらに綺麗になっていただけるようにサポートしていく。

こうやってお客様と対面で働き、信頼関係を築いていけることが美容師の楽しいところだと思います。

お客様に「ありがとう」って1日に何度も言われる仕事って、なかなか無いんじゃないでしょうか。

《ヘアスタイルを作ること自体が楽しい》

ヘアスタイルというのは基本のカタチこそあれど、バリエーションは無限にあります。同じヘアスタイルでもお客様の髪質や骨格、顔立ちによって微妙に変わってきます。ヘアスタイルの正確は、お客様が気に入っていただけるかどうか、にかかっているわけなんですが、美容師としては自分が納得いくヘアスタイルを作ることも大切です。

プロなので、もちろんお客様の期待を超えるヘアスタイルを作ることを目指します。

決してエゴではないんですが、お客様に寄り添って、その中で完成度をどこまで高められるかは美容師側のエゴが入った仕事になってきます。お客様にはわかりづらい部分にも手を抜かずにクオリティを求めていきます。

そうやって仕上がりのクオリティを求めて仕事をしていると、本当に楽しいんですよね。お客様一人一人にオーダーメイドで作るわけなので、やってることは毎日同じ「髪の毛を切ること」なんですけど、内容は全く違うわけです。こんな仕事なので、飽きるわけもなく、毎日新鮮な気持ちでワクワクできます。

しかも、目の前のお客様に気に入っていただかないといけませんので、毎回真剣勝負です。

一人一人のお客様に対して、持っている技術を総動員してヘアスタイルを作ります。髪の毛は重力に従って落ちます。骨格は丸く、球体から放射状に髪の毛が生えていて、生えた髪の毛は重力に従って落ちるわけです。それを重ねていくことでヘアスタイルはカタチが作られます。と、文字で書くとシンプルなんですけど、そう簡単にはいかず、毛流れやクセ、ウネリ、硬さ、量、さらにパーマをかけたりすると付属してくる要素は増えるわけです(カタチ以外で言うとカラーも加わります)。

平面の紙を切って工作をするわけではないので、ヘアスタイルというのはどこまでも奥深く、追求していくことができます。それが楽しい。

毎日試行錯誤しながら、昨日より良いヘアスタイルを作ろうとチャレンジし続けることが美容師の楽しいところだと思っています。

《自分の成長が分かりやすいのと、評価軸が明確なのが楽しい》

まずアシスタント時代のことから。ぼくは美容師になって三年間はアシスタントをやっていました。多分、どこの美容室でも三年から四年ぐらいはアシスタント期間があって、先輩の仕事をサポートしながら技術を教えてもらい、一人前のスタイリストになっていくと思います。この年数は、それぞれのがんばりによって縮めることもできるし、長くなることもあります。平均すると三年ぐらいなのでは、と思います。

シャンプー、マッサージ、ヘッドスパ、カラー、パーマ、ストレートパーマ、ブロー、アイロンワーク、スタイリング、カット、セット、メイクとざっくりとした項目でもこれだけ学びます。毎月新しい技術を学び、1カ月必死で練習して合格をもらっていくわけです。基本的に練習は営業時間外でやりますので、朝か夜。まあ1時間から2時間ぐらい毎日やったら十分じゃないでしょうか。

練習の感じは人それぞれなので、自分のペースでがんばります。

そんな練習の何が楽しいのかと言いますと、それは単純な理由ですけど、先月はできなかった技術が「できるようになる」のが面白いんです。自分の成長が実感できるわけです。器用不器用は関係なくて、練習すればしただけ絶対に上手くなります。毎日練習すれば、毎日どんどん上手くなるのが手に取るように分かるのです。

成長が実感できるっていうのは本当に美容師の面白いところだと思います。

成長が実感できれば、練習も楽しくなり、楽しく練習すればもうどんどん上手くなります。この好循環を体感できると、毎日楽しく働けます。ある種のロールプレイングゲームに似ているかなと。経験値を積み、レベルを上げ、新しいステージへと進んでいく。そんなイメージですね。

「あ、なんかぼく上手くなったなぁ」って感じられるのがアシスタント時代の楽しみ方かなと思います。

そして、スタイリストとしてお客様を担当するようになると、また違った楽しみ方になります。

もちろんスタイリストになってからもトレーニングは続きますので、技術が上手くなることも面白いんですが、お客様からの評価も成長を実感できるポイントです。自分の仕事がダイレクトにお客様に評価され、喜んでいただけていればお客様の数は増えていきます。美容師という仕事はお店にお客様がつくというよりは、スタイリスト個人にお客様がつく場合が多いです。

一般的にお客様はお店を気に入ってご来店されるわけですが、美容室の場合はお店よりも中で働くスタッフ個人を気に入ってご来店される部分が大きいのねす。

努力を重ねて、良い仕事をすればお客様が増えていき、毎月毎月成長を実感できます。もちろん増えることもあれば減ることもありますので、楽しいばかりではありません。しかし、個人のがんばり次第でお客様の数を増やすことができ、それが評価軸となります。

単に数が多ければ良いわけでもなく、先月より増えたか? 昨年より増えたか? が評価されます。

自分の成長を常に感じながら仕事ができることは、美容師という仕事の面白いところだと思います。

《お客様とのコミュニケーションが楽しい》

美容師といえば、会話が得意というイメージがありますよね。ぼくは苦手ですけど。

苦手ですが、それでもお客様とのコミュニケーションは楽しいと感じます。楽しいんだけど苦手というよく分からないタイプです。毎日たくさんのお客様がご来店され、いろんな会話が繰り広げられます。何度もご来店され、コミュニケーションを繰り返すことによって、お客様との信頼関係は作られます。

美容室以外で、毎月あるいは2カ月に一度も、特定の人に会いに行くことなんてほとんど無いのではないでしょうか。

友達よりもよく会っているお客様もいるぐらいです。それぐらい会っていて、しかも数時間お店で過ごしていただくわけなので、コミュニケーションが深まらないわけがありません。髪の毛の話やファッションの話、美容の話などを中心に、くだらない世間話もします。

そんな会話がやっぱり楽しかったりします。プライベートで嫌なことがあっても、お店でお客様と会話しているうちに気持ちが晴れてきたりします。黙々と作業するような仕事では感じられない感覚かなと思います。

もちろん仕事なので一定の距離感は保ちますが、お互いに楽しめる空気感が作れれば良いのかなと思います。

基本的に人と話すのが好きな人が美容師になっていますし、お客様も女性が多いので話は盛り上がるわけです。楽しい職場なんですよね、美容室は。

《美容師になりませんか?》

さて、しつこく美容師という仕事の楽しさについて語ってきましたが、結局何が言いたいのかと言うと。

『美容師になりませんか?』

ということです。確かに美容師は仕事の拘束時間が長かったり、休日が少なかったり、アシスタントのうちは給料が少なかったりと改善が必要な部分もあります。しかし、それを持ってしても有り余るぐらい楽しいと思うんですよね。

拘束時間が長くたって、楽しんで仕事しているわけですから苦にならないんです。休日が少ないのも然り。

給料に関していえば、がんばりに対してしっかりと評価される仕組みにはなっていますので、スタイリストになってお客様が増えていけばどんどん給料も増えていきます。ちゃんとがんばりが反映されますので、

休日とか給料とかそんなことよりも、『楽しい』ほうが良くないですか?

美容師は真剣にやれば絶対楽しい仕事です。もっと美容師になりたい人が増えると良いなと思います。で、できればルプラ・ボウに入ってきて欲しいなと。一緒に美容師を楽しめる仲間が増えると、さらに楽しくなってくると思います。

ファッションやビューティに興味のある学生、すでに美容の専門学校に通っている美容学生、一緒に美容師を楽しみましょう。

ルプラ・ボウは愛知県豊橋市・豊川市・新城市に、ヘアサロン・ネイルサロン・アイラッシュサロンを14店舗を展開するトータルビューティサロンです。美容師・ネイリスト・アイリスト・ビューティコーディネーター(受付)を募集しています。新卒採用、中途採用しています。高卒の子も採用しています(学校に通いながら働けます)。

サロン見学は常に受け付けておりますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。見学していただくとスタッフみんなが楽しんで仕事しているのが感じていただけるかと思います。

お問い合わせ先
株式会社 ルプラボウ
〒440-0806 愛知県豊橋市八町通三丁目3番地 MOO ビューティーアソシエーション内2F
TEL/0532-55-6888

中部ビューティデザインカレッジ、アーティスヘアカレッジ、中部美容専門学校、中日美容専門学校、名古屋美容専門学校、豊橋商業高等学校、豊橋高等学校、豊橋西高等学校、豊橋中央高等学校、豊橋南高等学校、桜丘高等学校、藤ノ花女子高等学校、国府高等学校、小坂井高等学校、湖西高等学校、新城高等学校、新城東高等学校などから入社してくるスタッフが多いです。ぼくは名古屋出身ですが、ほとんどのスタッフは地元の出身です。

新城市の田舎美容室ベレの堀毛でした(プロフィールもぜひ)。

このページのトップへ戻る

ホーム(最新のページ)へ

予約はこちら ↓↓↓↓↓↓

おトクなクーポンはコチラ ↓↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Profile

堀毛 翔太

ルプラ・ガーデン   堀毛 翔太

ルプラ・ボウの教育ディレクターをやっています。
1988年生まれの男。名古屋出身。
本、映画、旅行、野球、植物が好きです。
どうぞ、よろしく。

キレイになるための情報を毎日お届けできるように更新していきます。
コチラのサイトに興味を持って頂けた方は、ぜひ豊橋のルプラ・ガーデンへ会いに来て頂けるとうれしいです。

ルプラ・ガーデン
0532-39-6036

Twitter でフォロー

Banner

ルプラ美容院

ルリアン/ネイル

ルリアン/アイラッシュ

美容師採用情報