Web予約

『ブルージャイアント』8巻!悩む資格なんてまだ無いよなぁ・・・・。

漫画も読みます。『ブルージャイアント』、夢を追う熱い漫画です。おすすめです。ぼくはジャズも好きですけど、ジャズに興味の無い方でも面白く読めると思います。

愛知県豊橋市・豊川市・新城市の美容室【LE-PLA BEAU(ルプラ・ボウ)】の新城店“Beret(ベレ)”で店長兼トップスタイリストの堀毛です。

ホームページのプロフィールです。ヘアカタログもあります。こちらもぜひご覧ください。

インスタグラムもやってます。フォロワー4000人超えました(^o^)/

《『ブルージャイアント』8巻出てた》

最近、お気に入りの漫画『ブルージャイアント』。いつの間にか8巻が出ていました。

今回の名セリフはこちら(ぼくの思う名セリフ)。

『オレはヘタでも、クソでも、サックスを吹くときは1分1秒、いつでも

世界一だと思って吹いてる。

なのにお前はソロをどう演るかで悩んでる。

次元が違いすぎて話になんねぇ。お話になんねえべ?

そもそも悩むこと自体おかしいだろ。

お前に悩む資格あんの?

悩んでる時間あんすか? ねえ。』

という主人公の宮本大のセリフなんです。8巻のしょっぱなで出てきます。同じジャズバンドを組んでいる仲間のピアノ奏者ユキノリが、自分の演奏に対して思い悩んでいる時にサラッと当たり前のように言い放ったセリフ。

仲間にこれだけ厳しい言葉を躊躇わず遠慮無く言える関係って理想的だなぁと思いました。お互いに高め合っていける、そんな関係。言われたユキノリも、大のジャズに対する熱い気持ちを知っているし、どれだけやっているかも知っているから言い返せない。

壁にぶつかった時に優しく手を差し伸べてくれる人のほうがその時はありがたいと思うのかもしれない。でも、突き放すように厳しい本音をズバッと言ってくれる人のほうが、本当の意味で優しいのかもしれないなぁと思いました。お前はそんなもんなのか? そんなところで潰れるのか? と。

本気で、本物を目指している男の漫画。ジャズに全く興味の無い人にもオススメできる漫画です。 

《ぼくも自分の担当するお客様に対しては、自分が一番上手いと思っている》

美容師をやっていて、今の自分ではまだまだいろいろと足りない部分があることは分かっています。分かっていますが、いつも通っていただいているお客様には、自分が一番上手い美容師だという気持ちを持って仕事をしています。

もっと技術を磨かないといけないし、感性も高めないといけない。人間性みたいなものも、もっともっと成長していかないといけない。足りないところだらけですけど、それでもカットしてる時は一番上手いと思ってやってます。

そう思っていますし、今までそれだけ練習してきた自信はあります。

ただ、満足はしていないんです。

本気で、本物になれるように努力していきたい、と改めて漫画読んで思いました。立ち止まる時間も資格も無いですね。やるだけです。

『ブルージャイアント』おすすめですよ。

新城市の田舎美容室ベレの堀毛でした(プロフィールもぜひ)。

  このページのトップへ戻る

  ホーム(最新のページ)へ 

予約はこちら ↓↓↓↓↓↓

おトクなクーポンはコチラ ↓↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Profile

堀毛 翔太

ルプラ・ガーデン   堀毛 翔太

ルプラ・ボウの教育ディレクターをやっています。
1988年生まれの男。名古屋出身。
本、映画、旅行、野球、植物が好きです。
どうぞ、よろしく。

キレイになるための情報を毎日お届けできるように更新していきます。
コチラのサイトに興味を持って頂けた方は、ぜひ豊橋のルプラ・ガーデンへ会いに来て頂けるとうれしいです。

ルプラ・ガーデン
0532-39-6036

Twitter でフォロー

Banner

ルプラ美容院

ルリアン/ネイル

ルリアン/アイラッシュ

美容師採用情報