Web予約

『未来に先回りする思考法』を読んだ。佐藤航陽

テクノロジーが全てを塗り替える、らしいです。流れを読んで、準備して、タイミング良く動きましょう。

愛知県豊橋市・豊川市・新城市の美容室【LE-PLA BEAU(ルプラ・ボウ)】の新城店“Beret(ベレ)”店長兼トップスタイリストの堀毛です。

ホームページのプロフィールです。ヘアカタログもあります。こちらもぜひご覧ください。

インスタグラムもやってます。フォロワー4000人超えました(^o^)/

《『未来に先回りする思考法』佐藤航陽》

著者は株式会社メタップス代表取締役の佐藤航陽さん。1986年生まれですから、まだ29歳なんですね。

「飛行機の実現までには百万年から一千万年はかかるだろう」とニューヨーク・タイムズが記事を掲載してから、わずか数週間後に、ライト兄弟は人類史上初めて空を飛びました。新聞記者ともあろうエリートが、なぜそんなに大幅に予想を外したのか?

宇宙船の開発を始めたときも、ほとんどの人は、99.9パーセントの人は「宇宙船なんて夢のまた夢だ」と言ったそうです。もちろん、その大方の予想は外れ、開発を初めてから数十年で人類は宇宙船を作り上げたわけです。

そうやって、ほとんどの人は未来を見誤るんです。

そんな中で、未来に先回りしてきたかのように自信を持って行動をし、大きな成果をあげる人々がいるわけです。現在から未来までを、長い時間軸から社会の進化のパターンを捉え、その流れを読んで動く人が。わずかですけど。

著者は、それは「思考法」の違いだと言っています。

《テクノロジー》

テクノロジーっていうとすごく難しい感じがしますが、実はすごく身近なものなんです。古代の石器にはじまり、紙や本、貨幣、電気など、数百年前の人からしたらびっくりするような革命的なテクノロジーです。今でこそ当たり前にあるようなモノでも、社会の在り方をごっそりと覆すようなテクノロジーだったんです。

で、今現在もどんどん進化しているテクノロジーが、インターネットですね。これから数十年、あるは数年で、インターネットが社会を変えていくでしょう。

変化のスピードは加速していき、テクノロジーが次のテクノロジーを生み、広がっていきます。

そんな社会が変化していくことを知った上で、進化するパターンを見抜いていれば、状況が変わっても未来を見通すことが可能である、と書かれています。この『未来に先回りする思考法』には、テクノロジーを話の中心として、今後の社会の変化や問題点、それに対してどう意思決定をしていくのか、そんなことが書かれているんです。

  

《テクノロジーの本質》

最初にテクノロジーの本質について書かれています。

・人間を拡張すること
・いずれ人間を教育しはじめること
・掌からはじまり、宇宙へと広がっていくこと

この3つが本質だと。

人間の記憶力を拡張するために文字や本が、人間の手足の動力を拡張するために電力や蒸気が、斧や弓などの道具はわかりやすく人間の腕力を拡張しています。インターネットは知性を拡張します。

そして、テクノロジーが社会に浸透していくと、人間がテクノロジーに合わせて生活スタイルを変化させていきます。テクノロジーに教育されているんです。貨幣によって、物々交換から効率よくやりとりができるようになり、資本主義社会へと変化していきました。

3つ目が、テクノロジーは最初に手足の拡張に始まり、だんだんと身体から離れ、物理的に離れた空間において人間の機能を拡張していきます。身体を離れ、室内に配置され、さらに外に飛び出し、移動手段となり(車や電車)、最後は宇宙に向かっています。電力などはわかりやすいですね。今や、電気が繋がっていないものはほとんどありません。空気と同じようなものになっていくんです。

今現在はスマホがそのように社会に浸透してきていますね。

《原理、必要性から考える》

社会は必要性が無ければ、変化がしないんですね。

日本ではなかなかイノベーションが起きないと言いますが、やっぱりある程度平和だからなんだろう、と。必要性が足りないからだろうと。

全てのテクノロジーは、人間のもっと差し迫った必要性が存在していたから生まれてきたんです。

逆に言えば、無理やり必要とされていないサービスや物を提供しようとしても、絶対に上手くいかない。需要と供給と同じですね。

生存に危機を感じるほどのレベルでないと必要性は生まれにくいんです。戦争をしているわけでもなく、経済も安定していて、現状維持していればとりあえず生活はできる日本。治安も良く、身の危険は少ない。イノベーションが起きなくても成り立っているんです。

テクノロジーのイノベーションは、「必要性」によって生まれ、進化のしていく。

《未来はいずれ必ずやって来る》

社会が変化する方向性には、大きな流れがあり、人間の力でそれをねじ曲げることはできないんです。残念ながら、人間にそこまでの力は今の所ありません。

歴史的な発明もその発明者が世界を変えたかのように映っていますが、もし彼らが発明しなくても、おそらく他の誰かが発明したんでしょう。彼らが未来を創ったというよりは、「未来の実現を早めた」と言えるんです。

未来は決まっているんです。その実現のタイミングだけなんですね。誰が実現するかはわかんないですが、だいたいのタイミングは決まっていて、未来が誰かに変えられるのを待っている。

世界の未来が先回りできている人たちは、適切なタイミングの読み合いをしているんですね。社会が求めているタイミングに合わせて、一生懸命準備するわけです。

そんなことが、『未来に先回りする思考法』には書かれています。面白いですよ。正直、読み始めるまではもっと難しいことが書いてあるのかと思っていました。佐藤さんのブログを読んだことがあって(メタップス社長のブログhttp://katsuaki.co)、すごく難しいこと書いてあるんですよね。ぼくの理解力が足りないだけなんですけど。この本は非常に優しく書いてくれてあります。おすすめです。

新城市の田舎美容室ベレの堀毛でした(プロフィールもぜひ)。

  このページのトップへ戻る

  ホーム(最新のページ)へ

予約はこちら ↓↓↓↓↓↓

おトクなクーポンはコチラ ↓↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Profile

堀毛 翔太

ルプラ・ガーデン   堀毛 翔太

ルプラ・ボウの教育ディレクターをやっています。
1988年生まれの男。名古屋出身。
本、映画、旅行、野球、植物が好きです。
どうぞ、よろしく。

キレイになるための情報を毎日お届けできるように更新していきます。
コチラのサイトに興味を持って頂けた方は、ぜひ豊橋のルプラ・ガーデンへ会いに来て頂けるとうれしいです。

ルプラ・ガーデン
0532-39-6036

Twitter でフォロー

Banner

ルプラ美容院

ルリアン/ネイル

ルリアン/アイラッシュ

美容師採用情報