Web予約

『無理』を読んだ。奥田英朗

地方都市で鬱屈を抱えながら生きている人々を描いた小説です。本当に救いのない群像劇ですが、すごく面白く読めると思います。奥田英朗さんの小説はどれもおすすめです。

愛知県豊橋市・豊川市・新城市の美容室【LE-PLA BEAU(ルプラ・ボウ)】の新城店“Beret(ベレ)”で店長兼トップスタイリストの堀毛です。

ホームページのプロフィールです。ヘアカタログもあります。こちらもぜひご覧ください。

インスタグラムもやってます。フォロワー4000人超えました(^o^)/

《奥田英朗の『無理』を読んだ》

久しぶりに奥田英朗さんの小説を読みました。飛行機の移動時間が長かったのと、物語の面白さで一気に読み進めてしまいました。それなりに長い小説なんですけどね。一気に読ませる面白さがあります。

奥田さんの小説は、ほとんど全部読んできたと思います。『イン・ザ・プール』などの精神科医・伊良部のコミカルなシリーズや、『邪魔』『最悪』なども読んできました。個人的には、『サウスバウンド』が好きです。

今回読んだ『無理』は、タイトル通り本当に救いのない、夢も希望もない物語です。本の裏に書いてあるあらすじを引用。

合併で生まれた地方都市・ゆめので、鬱屈を抱えながら暮らす5人の男女――人間不信の地方公務員、東京にあこがれる女子高生、暴走族あがりのセールスマン、新興宗教にすがる中年女性、もっと大きな仕事がしたい市会議員――。縁もゆかりもなかった5人の人生が、ひょんなことから交錯し、思いもよらない事態を引き起こす。

同じ町で生活する5人のストーリーが別々にスタートし、それぞれが面白い展開を見せていくんですが、後半になるにつれて少しずつ5人が近づいてきて関係性を持っていきます。まあ、5人が本当に交錯するのは最後の最後だけですけどね。5つのストーリーはどれも本当にやり切れない辛さのある話なんです。それぞれがそれぞれに、無理なんですね。で、それぞれに面白い。早く続きが読みたいという気持ちを駆り立ててくれます。

強いて言うなら、暴走族上がりの男のストーリーが好きかなぁ。でも、本当にどのキャラクターもしっかり描かれていて、「この人生から抜け出すのは大変だよなぁ」としみじみ哀しい気持ちになります。ぼくも地方に住んでいるし、職場はもっと田舎なんですが、多分この物語ほど苦しい世の中ではないと思います。でも、なんか読んでいてリアリティを感じてしまうんですよね。「きっとこんな人生の人もたくさんいるんだろうなぁ」と。

  
明るい気持ちになれるような小説ではありませんけど、すごく面白く(内容は救いようがない)読めると思います。社会福祉、生活保護、詐欺、政治、産廃処理、宗教、万引き、受験、引きこもり、介護、家庭内暴力、移民、シングルマザー・・・などなど今の社会で問題視されているテーマが絡み合って、どんどんドン底に落ちていく“街”が描かれています。救いようのない群像劇。

ここまでストーリーを広げて、最後はどうなるのかなぁって思いながら読んでいました。まあ、クライマックスはちょっと物足りない気もしましたね。でも、こうやって無理やり終わらせないと、さらにどんどん闇に落ちていってしまいますので、良いのかもしれません。

読み終わって、頑張って生きていかなきゃなぁって思います。これから、おそらくもっとこの小説のテーマみたいな部分は、現実味を帯びて人生に立ちはだかってくるでしょう。今はどうやって乗り越えていけば良いのか、ちょっと答えが分からないんですが、しっかり向き合っていかないといけないよなぁ、と思うんです。

とりあえず、読んでみてください。面白いですよ。

新城市の田舎美容室ベレの堀毛でした(プロフィールもぜひ)。 

 このページのトップへ戻る 

 ホーム(最新のページ)へ 

予約はこちら ↓↓↓↓↓↓

おトクなクーポンはコチラ ↓↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Profile

堀毛 翔太

ルプラ・ガーデン   堀毛 翔太

ルプラ・ボウの教育ディレクターをやっています。
1988年生まれの男。名古屋出身。
本、映画、旅行、野球、植物が好きです。
どうぞ、よろしく。

キレイになるための情報を毎日お届けできるように更新していきます。
コチラのサイトに興味を持って頂けた方は、ぜひ豊橋のルプラ・ガーデンへ会いに来て頂けるとうれしいです。

ルプラ・ガーデン
0532-39-6036

Twitter でフォロー

Banner

ルプラ美容院

ルリアン/ネイル

ルリアン/アイラッシュ

美容師採用情報