Web予約

【悩みを解消する美容室でのヘアカラー】黄色やオレンジになっちゃう方の対処。

美容師がヘアカラーをするときにどんなこと考えているか、を書いてみました。黄色味が出やすかったり、オレンジ味が出てしまったり、どうしても思い通りのカラーにならないという方に。美容師は、結構マニアックにいろいろ考えています。

愛知県豊橋市・豊川市・新城市の美容室【LE-PLA BEAU(ルプラ・ボウ)】の教育ディレクター兼トップスタイリストの堀毛です。

【お客様へお知らせ】

2019年8月1日から豊橋にあるガーデン店へ異動することになりました。

いつも担当させていただいているお客様には急な異動でご迷惑をおかけします。

7月31日までは新城におりますので、ぜひ一度ご来店ください。

8月以降は豊橋の皆さん、よろしくお願いします。

『ルプラ・ガーデン』
〒441-8051 愛知県豊橋市柱四番町1-1
TEL0532-39-6036

ルプラ・ガーデンのホームページ

ガーデンへのご予約はこちらへお願いします!予約ページ

堀毛のインスタグラム(毎日ヘアスタイルを更新しています。お気軽にメッセージやコメント送ってください。)

《ヘアカラーの悩み》

ヘアカラーの色に関する悩みで一番多いのが、「すぐに黄色くなってしまう」と「どんなカラーにしてもオレンジになってしまう」の二つです。この二つの悩みは、本当によくお客様から相談されますね。特にやや明るめのヘアカラーをご希望のお客様に多い悩みかと思います。

これらの悩みを解消する方法は、ヘアカラーする際の微妙な薬剤ミックスにポイントがあります。

美容室にあるヘアカラーはたくさんの種類があり、さらにそれをミックスすることで無限にヘアカラーのバリエーションを作ることができます。カラー剤の種類は100以上あるかと思います。それを髪質に合わせてミックスします。

この美容室の豊富なカラー剤をミックスすることで、髪質の悩みに応じた対処ができるのです。微妙な配合の調整で、仕上がりは変化させると可能です。

そして、代表的なお悩みの「すぐに髪が黄色くなってしまう」「染めるといつもオレンジになってしまう」も原因は髪質にあります。この二つの悩みに対するヘアカラーのポイントをご紹介します(美容師さんはみんな知っている超初歩的な話ですが)。

《すぐに髪が黄色くなってしまう場合》

ヘアカラーした後、すぐに髪が黄色くなってしまう方は、おそらく髪質も細く柔らかいのではないでしょうか?

髪が細く柔らかい方は、総じて褪色(色落ち)が早く、すぐに黄色くなってしまいやすいのです。もしかしたらカラーする時に、思ったより明るく仕上がってしまった、なんてこともあるのでは?  黄色くなりやすい髪質の方は、たいてい明るく染まりやすいです。

では、そんな「黄色くなってしまう」髪の方を染める場合はどうするのか?

まずは、希望の明るさよりもやや暗めのカラー剤をチョイスすべきです。日本人の髪は明るくなればなるほど黄色に近づいていきます。なので、明るくなり過ぎないように注意が必要です。

そして、黄色の補色(反対の色)である紫を少し混ぜると、黄色を抑えることができます。

補色とは、色相環 で正反対に位置する関係です(例えば「赤 / 青緑」「紫 / 黄緑」「黄色/ 青紫」)。髪の毛が黄色になるのを防ぎたい場合は、少量の紫が効くわけです。

それから、黄色になる原因は色落ちにもあります。色落ちを防ぐために、良いシャンプーを使うことと、ヘアアイロンの過度な使用を控えることが大切です。髪の毛の退色が進むと、紫はすぐに抜けてしまうのでら黄色が出てきます

20150121-213927.jpg

《染めてもいつもオレンジになってしまう場合》

いろんなヘアカラーをしても、いつもオレンジになってしまう髪の方は、先ほどの黄色くなってしまう方の反対で、髪質はおそらく太くて硬いのではないでしょうか?  そういった髪の方は、ヘアカラーしてもなかなか明るくならないことが多いと思われます。

髪色がオレンジになる原因としては、髪に赤みのブラウンが多い髪だからです。オレンジを消したい場合は、ある程度髪の毛を明るめにし、ブラウンを削っておく必要があります。

ちょっと明るめのカラー剤を使用し、オレンジの補色である青みを少しプラスします。

青みのヘアカラーは、いわゆるアッシュ系カラーですね(厳密には、青とアッシュは違うのですが)。髪色をアッシュにしたいけど、いつもオレンジになってしまう方は、アッシュの濃さが足りないからです。

明るさを出して、濃いめのアッシュを少しミックスすることで、オレンジを消して希望のカラーを実現することができます。

《カラーはいろいろ混ぜると濁る》

上記の通り、カラー剤をミックスすることで、いろんな髪質に対応したヘアカラーをすることができます。これは美容室でのカラーでしかできないことです。

しかし、薬剤のミックスはやり過ぎない方良かったりもするんです。ヘアカラーの薬剤は絵の具と似ていて、いろいろ混ぜ過ぎると濁ってしまいます。どんどん色を混ぜていくと黒くなってしまいます。汚くなってしまう。

希望する色に、味付け程度に少量混ぜるのが、綺麗な髪色を作るポイントです。

今回の二つのお悩み以外にも、ヘアカラーの悩みはたくさんあると思います。どんな悩みも美容室のカラーは解消できますので、ご相談ください。

読んでいただきありがとうございます。堀毛でした(プロフィールもぜひ)。
下の関連記事も読んでいただけると嬉しいです。
このページのトップへ戻る

ホーム(最新のページ)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Profile

堀毛 翔太

ルプラ・ガーデン   堀毛 翔太

ルプラ・ボウの教育ディレクターをやっています。
1988年生まれの男。名古屋出身。
本、映画、旅行、野球、植物が好きです。
どうぞ、よろしく。

キレイになるための情報を毎日お届けできるように更新していきます。
コチラのサイトに興味を持って頂けた方は、ぜひ豊橋のルプラ・ガーデンへ会いに来て頂けるとうれしいです。

ルプラ・ガーデン
0532-39-6036

Twitter でフォロー

Banner

ルプラ美容院

ルリアン/ネイル

ルリアン/アイラッシュ

美容師採用情報