Web予約

ハイトーンカラーはマメに色味を足して退色を防ぎましょう。

明るめのヘアカラーって色落ちが早いですよね。退色して黄色くなってしまった毛先に、トナーカラーで色味を足して、ハイトーンカラーを綺麗に保ちましょう。ブリーチなどのハイトーンの色落ち対策です。

 

愛知県豊橋市・豊川市・新城市の美容室【LE-PLA BEAU(ルプラ・ボウ)】の新城店“Beret(ベレ)”で店長兼トップスタイリストの堀毛です。

ホームページのプロフィールです。ヘアカタログもあります。こちらもぜひご覧ください。

インスタグラムもやってます。フォロワー4000人超えました(^o^)/

《ハイトーンの色落ちをカバーするヘアカラー》

先月、ブリーチしてハイトーンにしたお客様が1ヶ月経ってご来店。

グラデーションカラーで毛先を明るくして、全体的にアッシュでグレーっぽく仕上げたところから、1ヶ月で随分色落ちしてしまいました。ブリーチしてハイトーンにすると色落ちはどうしても早くなってしまい、1ヶ月もするとかなり黄色く退色してしまいます。

明るめのヘアカラーをしている方は、みんな色落ちに悩みますよね。


退色の原因としては、シャンプーによる色落ちや紫外線による影響が大きいのですが、ブリーチによってキューティクルが壊されてしまい色素が落ちやすいのもありますね。ダメージがあればあるほど色落ちは早くなってしまいます。ブリーチしてから色を入れると、鮮やかで綺麗な色は入るのですが、その代わりに色落ちが早いんです。

そんなハイトーンカラーを維持しようと思ったら、やはり丁寧なヘアケアと、マメなヘアカラーを繰り返すしかありません。

今回のお客様は、まだ根元の伸びはあまり気にならなかったので、毛先の退色が激しい部分にカラーを足すだけの施術をオススメさせていただきました。短時間で施術でき、髪への負担も少ないヘアカラーです。美容室では「トナーカラー」と言います。

もちろんしっかり時間をかけて、ヘアカラーをするほうが色も綺麗だし色持ちも良いんですが、次のヘアカラーまでの繋ぎとして「トナー」を使います。発色が早いので染まり上がりまでの時間が短いし、毛先のみのカラーなのでシャンプー台で施術できます。通常のヘアカラーが1時間ほどかかるのに対して、トナーなら15分程度で染まります。シャンプーやドライヤーの時間を合わせても30分ちょっとで仕上がります。

多少色持ちが悪くても、これだけ短時間でメンテナンスできるのは便利ですよね。安いですし。


今回はモノトーンとアッシュを混ぜた色を毛先に入れています。黄色味がかなり抑えられて綺麗な髪色になりました。

退色して黄色くなってしまうと見た目も汚いですし、髪も傷んで見えてしまいます。色味が入っいれば、ハイトーンでも髪の毛はダメージしていないように見えると思います。

ハイトーンカラーを綺麗に保ちたい方は、ヘアカラーとヘアカラーの間でトナーをやるのがオススメです。メンテナンスカラーみたいな感じですね。


せっかくブリーチまでしてハイトーンにしたからには、なるべく綺麗な状態を保ちたいですよね。ぜひお試しください。

新城市の田舎美容室ベレの堀毛でした(プロフィールもぜひ)。

このページのトップへ戻る

ホーム(最新のページ)へ

予約はこちら ↓↓↓↓↓↓

おトクなクーポンはコチラ ↓↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Profile

堀毛 翔太

ルプラ・ガーデン   堀毛 翔太

ルプラ・ボウの教育ディレクターをやっています。
1988年生まれの男。名古屋出身。
本、映画、旅行、野球、植物が好きです。
どうぞ、よろしく。

キレイになるための情報を毎日お届けできるように更新していきます。
コチラのサイトに興味を持って頂けた方は、ぜひ豊橋のルプラ・ガーデンへ会いに来て頂けるとうれしいです。

ルプラ・ガーデン
0532-39-6036

Twitter でフォロー

Banner

ルプラ美容院

ルリアン/ネイル

ルリアン/アイラッシュ

美容師採用情報