Web予約

グラデーションボブってなんだろう? カットトレーニングは終わらない。

みんなで一斉にグラデーションボブを切ってみました。もっと上手くなる必要がありますね。

愛知県豊橋市・豊川市・新城市の美容室【LE-PLA BEAU(ルプラ・ボウ)】の新城店“Beret(ベレ)”店長兼トップスタイリストの堀毛です。

ホームページのプロフィールです。ヘアカタログもあります。こちらもぜひご覧ください。

インスタグラムもやってます。フォロワー4000人超えました(^o^)/

《基本のグラデーションボブ》

美容師になって、カットを習うと、最初か2番目ぐらいに教わるのがグラデーションボブというヘアスタイルです。

グラデーションボブ、略してグラボブです。日本の美容師さんなら「グラボブ」でだいたい通じます。「ああ、グラボブね。最初に切りまくったなぁ」といった具合に。

「グラデーション」=「段階、濃淡」みたいな意味なんですけど、髪の毛を積み重なるものと捉えて、上の髪に段を入れていくことです。まあ、大雑把に言えば丸みのあるカタチになります。丸み、厚み、重み、安定感、、、みたいなワードにつながります。

ボブスタイルは基本的にグラデーションカットで構成されています。

こんな感じに。

  
これは短めのグラデーションボブ。トッブにレイヤー(段)が入っていて、軽やかな印象になっていますけど、基本的にはグラデーションボブのカタチです。前下がりのグラボブ。

《改めて基礎トレーニング》

日曜日の営業後に、各店舗から集まってカットトレーニングをしました。それぞれが事前に切ってきたグラボブに対して、目指すカタチになっているのか? またはどこを切ったら目指すカタチに近づくのか? をレクチャーします。

切り方を教え、切り直してみて、髪の質感にもこだわって作り込みます。

  
15人ぐらいトレーニングに参加していたんですけど、同じ写真を見て同じ切り方をしているのに、随分仕上がりに違いが出ます。それぞれのカットのクセ、技量の違い、好みや感性の違いによって同じスタイルでも雰囲気が変わってきます。

個性と言ってしまえ聞こえは良いんですけど・・・まあ今回のトレーニングを見ていると、技量の違い、上手or下手が原因っぽい気がしました。同じスタイルを目指しているのに、技術が無いから近づかない。

全く同じスタイルを作る必要は無いですけど、やはりポイントをきちっと押さえて、ある程度カタチをコントロールできないといけません。だから、トレーニングするんですけどね。

これからトレーニングを重ねて、スタッフみんなで技術力の向上を目指します。「担当スタイリストが上手くなる」ってのがお客様にとって一番嬉しいことだと思いますので。

ちゃんとレクチャーしなければ。そして、自分自身ももっと上手くなりたいなぁ。

美容師の道は続きます。

新城市の田舎美容室ベレの堀毛でした(プロフィールもぜひ)。 

 このページのトップへ戻る  

ホーム(最新のページ)へ 

予約はこちら ↓↓↓↓↓↓

おトクなクーポンはコチラ ↓↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Profile

堀毛 翔太

ルプラ・ガーデン   堀毛 翔太

ルプラ・ボウの教育ディレクターをやっています。
1988年生まれの男。名古屋出身。
本、映画、旅行、野球、植物が好きです。
どうぞ、よろしく。

キレイになるための情報を毎日お届けできるように更新していきます。
コチラのサイトに興味を持って頂けた方は、ぜひ豊橋のルプラ・ガーデンへ会いに来て頂けるとうれしいです。

ルプラ・ガーデン
0532-39-6036

Twitter でフォロー

Banner

ルプラ美容院

ルリアン/ネイル

ルリアン/アイラッシュ

美容師採用情報