Web予約

カットの練習。ひたすら地道な基本のレベルアップを。

カットは奥深いです。それなりに綺麗に切れるんですけど、「それなり」のレベルはやはり段階がありまして、まだまだ上を目指しているわけです。ウィッグ(練習用の人形)を毎日毎日切ってます。練習に終わりはない。

 

愛知県豊橋市・豊川市・新城市の美容室【LE-PLA BEAU(ルプラ・ボウ)】の新城店“Beret(ベレ)”で店長兼トップスタイリストの堀毛です。

ホームページのプロフィールです。ヘアカタログもあります。こちらもぜひご覧ください。

インスタグラムもやってます。フォロワー4000人超えました(^o^)/

《レイヤーボブを極めるために》

さて、今年はカットの基本をもう一度やり直そうと決意して、毎日毎日練習しています。

先月は来る日も来る日もセイムレイヤーというスタイルを切り続けました。セイムレイヤーとは、全ての髪の毛を同じ長さで切るスタイルです。12センチなら全部12センチ、9センチなら全部9センチです。1ミリもズレないように切るのを目標にして取り組みました。

頭は丸いので、頭の丸さに合わせて切らないと長さがズレていってしまうんですよね。ハサミは真っ直ぐにしか切れませんので、丸く切るのはかなり難しいです。

まあ、それでもまあまあ切れるようになりました。


まだ綺麗にできそうですけど。

そして、今月はレイヤーボブというスタイル。




この3パターン。

こちらのスタイルも頭の丸さを理解して、どこからレイヤー(段差)を入れるのか? レイヤーの角度は? といろいろ考えて切らないと、綺麗に収まりません。この髪型をそのままお客様に当てはめることはありませんが、それぞれの要素を組み合わせてお客様に似合わせていきます。

狙ったシルエットを、正確に作れるようになるためのトレーニングですね。

ウィッグをひたすら切ることによって、たくさんの気づきがあり、お客様をカットする際に役立ちます。お客様の骨格は、ウィッグと違い、人それぞれです。髪質も違います。それに対応するためには、正確なカット技術と、理論を理解してアイデアを出さなければいけないのです。

細かいカットの違いは、お客様にはなかなか理解していただけないかと思います。が、それでも解る方は解るだろうということで、練習しています。

ぼくにカットして欲しいと思ってご来店いただくお客様たちに、嘘はつきたくないので。

カットが「上手い」美容師さんはたくさんいます。しかし、「上手い」と言っても、「上手い」にもレベルがあります。現状の技術に満足せずに、頑張っていきます。

練習しない美容師ほど世の中の役に立たないものはない、と誰かが言っていたので、世の中の役に立てるように。

新城市の田舎美容室ベレの堀毛でした(プロフィールもぜひ)。

このページのトップへ戻る

ホーム(最新のページ)へ

予約はこちら ↓↓↓↓↓↓

おトクなクーポンはコチラ ↓↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Profile

堀毛 翔太

ルプラ・ガーデン   堀毛 翔太

ルプラ・ボウの教育ディレクターをやっています。
1988年生まれの男。名古屋出身。
本、映画、旅行、野球、植物が好きです。
どうぞ、よろしく。

キレイになるための情報を毎日お届けできるように更新していきます。
コチラのサイトに興味を持って頂けた方は、ぜひ豊橋のルプラ・ガーデンへ会いに来て頂けるとうれしいです。

ルプラ・ガーデン
0532-39-6036

Twitter でフォロー

Banner

ルプラ美容院

ルリアン/ネイル

ルリアン/アイラッシュ

美容師採用情報