Web予約

《梅雨対策》縮毛矯正とカラーは同じ日にやって良いのか? どっちから先にやるべきか?

くせ毛だから縮毛矯正もしたいし、でもカラーもそろそろやらなきゃいけない。そんな時の参考になれば良いかと思います。なるべくダメージを避けて、サラサラストレートでツヤツヤの髪にしたいですね。

愛知県豊橋市・豊川市・新城市の美容室【LE-PLA BEAU(ルプラ・ボウ)】の教育ディレクター兼トップスタイリストの堀毛です。

【お客様へお知らせ】

2019年8月1日から豊橋にあるガーデン店へ異動することになりました。

いつも担当させていただいているお客様には急な異動でご迷惑をおかけします。

7月31日までは新城におりますので、ぜひ一度ご来店ください。

8月以降は豊橋の皆さん、よろしくお願いします。

『ルプラ・ガーデン』
〒441-8051 愛知県豊橋市柱四番町1-1
TEL0532-39-6036

ルプラ・ガーデンのホームページ

ガーデンへのご予約はこちらへお願いします!予約ページ

堀毛のインスタグラム(毎日ヘアスタイルを更新しています。お気軽にメッセージやコメント送ってください。)

《縮毛矯正とカラーは同じ日にやって良いのか?》

4月も後半になってくると、くせ毛の方はそわそわしてきますよね。もうひと月もしたら苦手な梅雨がやってきます。梅雨の雨や湿気でくせ毛は盛大に広がってしまいますから。朝のセットを頑張っても、外に出た瞬間うねうねになってしまう・・・・。

そんな梅雨を前にして、美容室では縮毛矯正の出番がすごく増えてきます。毎日毎日、アイロンばっかり使っていますね。皆さん考えることは同じで、梅雨前には縮毛矯正やりたいんです。

そんな中でよくある質問が、 「クセが気になるから縮毛矯正やりたいけど、カラーもそろそろしたい。一緒にできない? どっちからやったら良い?」っていうやつです。

この質問は、美容師さんそれぞれによって答えが変わってくると思います。縮毛矯正やカラーに対して、大切にしているポイントによって変わります。

とりあえず、これだけは言えます。 縮毛矯正とカラーを同じ日にやるのだけは避けたほうがよいです。この部分はどの美容師さんも一緒なんじゃないかなぁと思います。

薬事法的にも縮毛矯正とカラーの同日の施術は禁止されています、一応。薬事法を真面目に守るわけではありませんけど、やっぱり同じ日にやると髪の毛への負担は大きいです。仕上がりのクオリティも落ちやすいですし、後々の髪の毛へのダメージを考えると、数日、できれば数週間は間隔を開けることが望ましいです。

それから、縮毛矯正とカラーを同じ日にやると、どうしてもお店にいる時間が長くなりますので、お客様も疲れちゃうと思うんですよね。3〜4時間ぐらいかかってしまう。しかも、ずーっと同じ席に座っていないといけない。雑誌も全部読み干したし、話題も尽きかけている・・・・お腹減る。みたいな感じになっちゃいますよね。

ぼくは、縮毛矯正とカラーを同じ日にやるのはやめたほうが良いと思います。(もちろん、時と場合によってはやりますが。)

次は、どっちからやるのか問題。縮毛矯正から? カラーから?

  

(縮毛矯正とパーマについてはこちら。【縮毛矯正した髪にパーマはできる?ウェーブスタイルを楽しみたい。】https://www.le-pla.co.jp/b/horike/parm_1-26/

《縮毛矯正を先にやった場合》

縮毛矯正から先にやる場合は、髪の毛のコンディションがカラーしている部分と、カラーしていない部分に分かれているため、薬剤のパワーをコントロールすることが難しくなります。カラーしている部分はすでにダメージがあり、カラーしていない部分は健康だからです。ハイトーンのカラーをしている方は特に難しいですね。

しかし、最近の縮毛矯正の薬は進歩してますし、我々美容師も繊細に薬剤を塗布する技術を持っています。様々な薬剤を使い分け、丁寧に施術することで綺麗なストレートにすることができます。

縮毛矯正は、ダメージとの戦いです。どれだけダメージを避けながら、クセをストレートにできるかが勝負ですからね。無駄に強い薬剤は使用できません。適切なパワーの薬剤を見極めるところが一番のポイントですね。

それから、縮毛矯正後のヘアカラーは色味のコントロールが難しくなります。明度が上がりづらくなりますし、毛先に色味が入り過ぎてしまい濁ってしまう場合もあります。アイロンなどの熱処理を加える施術の後のカラーはちょっと難しいんです。

しかし、それでもぼくのおすすめは、この先に縮毛矯正のパターンです。で、その後にカラーの順番。できれば2週間ぐらいは間を開けていただきたいです。

《カラーを先にやった場合》

カラーを先にやると、その後に縮毛矯正をやった時に若干色が落ちてしまいます。

これはしょうがないことなんです。せっかく綺麗に染めたヘアカラーですが、縮毛矯正をかけると色味が落ちて、黄色くなりやすいんです。なんかもったいないですよね。

縮毛矯正とカラーやって、最終的にはサラサラのストレートでツヤツヤのヘアカラーを実現したいので、仕上がりの状態のことを優先するとカラーを先にやることにあんまりメリットが無いように思います。

やっぱり縮毛矯正から先にやりたいですね、ぼくは。

一番おすすめな縮毛矯正とカラーのやり方は、 まず先に縮毛矯正をして、2週間ぐらい開けてカラーをやる、です。

梅雨のジメジメした時期を快適に過ごすために、事前に対策をしておきましょう。

新城市の田舎美容室ベレの堀毛でした(プロフィールもぜひ)。  

このページのトップへ戻る

  ホーム(最新のページ)へ

 

「《梅雨対策》縮毛矯正とカラーは同じ日にやって良いのか? どっちから先にやるべきか?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Profile

堀毛 翔太

ルプラ・ガーデン   堀毛 翔太

ルプラ・ボウの教育ディレクターをやっています。
1988年生まれの男。名古屋出身。
本、映画、旅行、野球、植物が好きです。
どうぞ、よろしく。

キレイになるための情報を毎日お届けできるように更新していきます。
コチラのサイトに興味を持って頂けた方は、ぜひ豊橋のルプラ・ガーデンへ会いに来て頂けるとうれしいです。

ルプラ・ガーデン
0532-39-6036

Twitter でフォロー

Banner

ルプラ美容院

ルリアン/ネイル

ルリアン/アイラッシュ

美容師採用情報